正社員 アルバイト

まず待遇(報酬)面がかなり違います。正社員は月給・年俸といった形で事前に決められた給与が支給されますが、アルバイトの場合は時給や日給を元に計算されるためあらかじめ一定はしていません。また、アルバイトは昇給・賞与(ボーナス)・各種手当は基本的にありません。

とある調査機関の報告では、平均年収は正社員が387万円、フリーターが106万円で、その差はおよそ3.6倍。生涯賃金ともなると正社員が2億1500万円、フリーターが5200万円と、その差はおよそ4倍にまで広がります。

会社から任せられる責任の面でも、正社員の場合は長時間・長期間の勤務を前提としているため会社は責任ある業務を任せ、また研修や資格取得など社員教育の面でも積極的です。一方アルバイトは長期間の勤務は基本的に前提としていないため、責任のある業務を任せられることはあまり多くはありません。

さらに、正社員は一定の仕事期間や成果に応じて管理職などいろいろな役職に昇進する可能性がありますが、アルバイトでは(業界にもよりますが)キャリアアップのチャンスは極めて少ないといえます。

ただ、先日も牛丼チェーン店「吉野家」の新社長がアルバイトからのたたき上げということが話題になっていましたが、外食産業や新興IT企業などではアルバイトからでも十分出世できるチャンスのある会社もどんどん増えています。会社を選ぶ際はそういった企業文化や社風も事前に調べることをオススメします。

 

サイトマップ

FX取引で儲ける