面接

説得力と整合性がポイント

就活・転職活動の面接で必ず聞かれることは前職を辞めた理由です。

前職を辞めた理由については退職した理由と整合性が取れる理由を言う必要があります。女性なら結婚や出産により退職することになったなどという理由もそれにあたります。

なぜ前職を辞めて転職することになったのかということは説得力のある理由を求められるのですが、面接者にもそこは突っ込まれる可能性は高いポイントと考えてください。

圧迫面接ということもあるので意地悪な質問をされることもありますが、肝心なのはどう上手く質問をかわせるかです。転職活動でも就職活動でも同じなのですが、面接というものは1人で個人面接を受けることばかりではないのです。

当然、集団面接を受けることだってあります。集団面接でも大事なのはより自分のことをアピールすることができるかになってきます。事前に答えを用意しておいたのに、ほかの応募者と回答がかぶってしまうことも珍しくありません。

そういうときも微妙にエピソードを変えるなどといったことで工夫することで乗り切ることができます。

自分が話していないときも相槌を打つなどすることでコミュニケーション能力もアピール出来るのです。

 

サイトマップ

FX取引で儲ける